オンラインカジノは違法なの?合法なの?

これからオンラインカジノを遊ぼうと考えている方や現在プレイしている方も、この話題にはとても興味があると思います。

オンラインカジノを実際に遊ぶうえで気になるのは法的に問題ないのか?が多くのプレイヤーにとって気になるところだと思います。

このページでは、そんなオンラインカジノに対する日本の法律や動きなどについて詳しく紹介していきます。

日本でオンラインカジノを取り締まる法律

日本ではギャンブルを取り締まる法律として、刑法 185条-187条「賭博及び富くじに関する罪」と呼ばれる法律が存在します。

その為、日本でオンラインカジノをプレイすると罰せられる?と考えてしまいますが、結論から言うと日本でオンラインカジノをプレイしても違法とはなりません

どうして?と思われるかも知れませんが、日本でオンラインカジノをプレイしたとしても、なんら問題ないのです。

これについては後で説明していきますが、正確に言いうと今の日本にはオンラインカジノを取り締まる法律が存在しない状態なんです。

それじゃー合法なの?と思われるか知れませんが、それも違います。

日本においてオンラインカジノは、今のところ違法でも合法でもないグレーな状態となっています。

この理由について、次の項目で詳しく説明していきます。

オンラインカジノで遊ぶなら、この辺の知識を持っておいた方がより安心して遊べると思いますので、しっかりと覚えておきましょう!

オンラインカジノを取り締まる法律

日本の賭博罪の成立要件として「ギャンブルの胴元が同じ国内にいる場合のみ成立」という決まりがあります。

しかし、オンラインカジノは日本からインターネットを利用して海外にあるカジノゲームを楽しむスタイルでサービスを提供していますので、胴元となる会社は海外になります。

海外に胴元がいるオンラインカジノは日本の賭博罪で考えると法律の適用外となります。

このような理由の為、日本でオンラインカジノをプレイすることが違法でも合法でもないと言われる大きな理由となっています。

今後、日本でオンラインカジノに関する法整備が進み、オンラインカジノを取り締まる法律ができるまでは、こうしたグレーな状態が続くと予想されます。

オンラインカジノはインターネットを利用して楽しむことができる新しいスタイルのギャンブルなので、日本の法整備が追い付いていないのが現状のようですね。

日本の賭博罪におけるオンラインカジノの違法性

先にも書きましたが、日本の賭博に関する法律では賭博罪が成立する要件としてギャンブルの胴元が同じ国内にいる場合のみ成立するとなっています。

この大前提が崩れない限りは、日本から海外へアクセスしてカジノゲームを楽しむオンラインカジノが違法となることはありません。

また、日本の賭博罪の適用は日本国内のみで効力を発揮します。

このことからも日本の法律では、海外で運営されているオンラインカジノの違法性を立証することが不可能となっています。

とはいえ、日本からプレイしているのでオンラインカジノは違法だとする意見があるのも事実です。

現在のところ違法でも合法でもない、グレーな感じで扱われているオンラインカジノも日本で突然NGになる可能性も十分に考えられます。

白黒ハッキリしないところがスッキリしないですが、日本におけるオンラインカジノの現状をきちんと把握したうえでプレイするのが良いです。

日本で安全、安心してオンラインカジノを楽しむ為にも、この問題については常にアンテナを高くしておきましょう!

オンラインカジノの違法性やゲーミングライセンスについて

現在、日本で遊べるオンラインカジノを運営している多くの会社は、オンラインカジノ運営に欠かすことのできないゲーミングライセンスを取得して運営しています。

このゲーミングライセンスを取得する為には、ライセンスを発行国が独自に設定している厳しい審査をパスしなければ取得することができません。

審査期間はとても長く、半年や1年に及ぶ場合もあるようです。その間に不正なことや違法なことをしていないかを徹底的に審査されます。

このように取得するにはとても厳しいゲーミングライセンスですが、取得することで国際的な信頼性を得ることができるといったメリットがあります。

つまり、ライセンスを取得して運営されているオンラインカジノは国際的な信頼性が高く合法的に運営されているオンラインカジノの証明になるのです。

ですので、ゲーミングライセンスをきちんと取得しているオンラインカジノは違法性が無く安心して日本から遊べるオンラインカジノと言えます。

これからオンラインカジノへ登録して遊ぼうと考えている方は、ライセンスをきちんと取得しているのかを確かめてから登録するのが良いでしょう。

もしもライセンスを取得していない状態で運営されているオンラインカジノがあったら、それは違法なオンラインカジノの可能性が高いので登録しないようにしましょう。

日本国内で運営されているオンラインカジノについて

オンラインカジノをプレイしたとして、プレイヤーが逮捕されたニュースを聞いたことがある方もいると思います。

このようなニュースを聞くとオンラインカジノってやっぱり危険なのでは?と思ってしまいますが、それは少し違います。

この項目では、その辺を詳しく解説していきます。

合法的なオンラインカジノ 違法なオンラインカジノ

合法的なオンラインカジノと違法なオンラインカジノの大きな違いは、そのギャンブルを取りまとめている胴元が日本国内にいるのか?になります。

日本の賭博罪の成立要件は「胴元が国内にいる場合」です。

ですので、日本でオンラインカジノをプレイする時に注意しなければならないことは、胴元がどこにいるのかに気を付けることがとても大切になってきます。

例えば、インターネットを使って海外のオンラインカジノゲームを日本からアクセスして遊ぶところまでは同じですが、賭け金のやり取りを日本国内で行っていたら賭博罪に問われます。

よくオンラインカジノをプレイしたとして逮捕者が出たと言われるのは、このタイプのオンラインカジノの場合です。

このようなタイプのオンラインカジノを胴元が日本にいる日本国内で運営されているオンラインカジノと言います。

オンラインカジノをプレイする時は、運営元(胴元)がどこにあるのかに気を付けて遊ぶのが良いでしょう。

また、オンラインカジノを選ぶ時は合法的なライセンスを取得して海外で運営されているオンラインカジノを選ぶようにしましょう。

オンラインカジノで日本人プレイヤーが逮捕された。

2016年 3月に海外にあるオンラインカジノをプレイしていたプレイヤーの3人が逮捕されました。これが有名なドリームカジノ事件です。

海外で運営されていたオンラインカジノで、胴元となる運営者が海外にいるのにもかかわらず逮捕された事例となります。このニュースには当時おおくのプレイヤーが衝撃を受けたと思います。

この逮捕では3名のオンラインカジノプレイヤーが検挙されました。

しかし、その内の2人は略式起訴を受け入れ罰金刑を受け入れたのに対して、残りの一人は逮捕は不服として裁判で争うことを決めたそうです。

略式起訴を受け入れると罰金を支払うだけで済みますが、裁判で争った後に敗訴すると有罪の判決を受ける可能性もあります。

ですが、このプレイヤーは今回の逮捕が不当だとして争うことを決めたそうです。

日本の賭博罪 有罪、無罪の争点

今回の逮捕で争われた争点は、オンラインカジノプレイヤーに対して単純賭博罪が適用できるかどうかでした。

賭博罪として検挙する時の主な目的は賭博の胴元を検挙することが目的で、利用者(プレイヤー)を安直に検挙すべきではないとされています。

今回の逮捕で検挙された3名に適用された単純賭博罪が適用される場合、本来は胴元を検挙した上で付随的に成り立つ罪という事でした。

しかし、今回の逮捕を考えてみると海外に胴元がいるオンラインカジノを日本からプレイした場合はどうなるのか?という話になります。

ギャンブルの胴元である海外のオンラインカジノ運営者を検挙していないのに、日本からアクセスしてオンラインカジノを遊んだだけで逮捕されるのは不当だというのが、略式起訴を受け入れなかった残り1人の考えです。

このような事を考えてみると。逮捕すること自体おかしなことだった感じがしますね。

一説によると京都府警の勇み足だったという話もあります。

逮捕のニュースは大きく報じられましたが、その後の結果についての報道が一切されていないのも腑に落ちませんが、裁判で戦った方は無罪となっています。

正確に言うと裁判自体が行われずに不起訴となったようです。このことからも日本から海外のオンラインカジノを楽しむ分には、なんら問題の無いことが分かりますね。

まとめ

日本ではオンラインカジノについて、まだまだ法整備が追い付いていない面があり今のところ合法でも違法でもないグレーな感じで扱われています。

しかし、きちんと国際的に信頼性の高い運営ライセンスを取得して合法的に運営されているオンラインカジノは、安全で安心して遊べるオンラインカジノと言えます。

とは言え、実際にプレイする際には常にアンテナを高くして慎重な姿勢を保ちながらプレイすることを心掛けましょう。

このサイトで紹介しているオンラインカジノは、全て国際的にも信頼性の高いライセンスを取得して運営されているオンラインカジノなので、オンラインカジノを選ぶ際に参考にしてみてください。

コメント