マーチンゲール法の使いどころと引き際について

オンラインカジノやランドカジノで昔から使われてきたマーチンゲール法ですが残念ながら、どんなゲームにも適用できる万能な攻略法とは言えません。

ですので、使う時は適したゲームやシチュエーションを選んで使う必要が出てきます。状況に応じて上手く使うことにより、勝率を上げることができるのも攻略法です。

このページでは、マーチンゲール法の使いどころと引き際について詳しく解説していきます。

マーチンゲール法と相性の良いゲームを選ぶ

この攻略法を上手く使いこなす為には、相性の良いゲームを選択する必要があります。

マーチンゲール法との相性の良いゲームとしての条件は次の2つとなります。

  • 勝率が50%で配当が2倍のゲーム
  • 独立事象で成り立つゲーム

勝率50%で配当が2倍のゲーム

この条件を満たしているゲームとして、代表的なものはバカラルーレットとなります。

ルーレットに関しては、賭ける場所により条件から外れてしまう場合もありますが、この2つのゲームなら問題なく利用できます。

独立事象で成り立つゲーム

独立事象で成り立つゲームとは、前のゲームの結果が次のゲームの結果に影響しないゲームの事です。

ルーレットで奇数or偶数赤or黒に賭ける場合が独立事象で成り立つゲームと言えます。

例えば、ブラックジャックなどのようにテーブルに出ているカードの状況により、勝負の行方が左右されるようなゲームは独立事象で成り立つゲームとは言えません。

マーチンゲール法の手順

マーチンゲール法のやり方はとても簡単です。負けたら次のゲームのベット額を2倍にするだけです。

このように、とてもシンプルな方法で利用で実践できる攻略法となってます。

この項目では、マーチンゲール法を実際に使う場合の手順を説明していきます。

基準となる1ユニットの金額を決める

1ユニットの金額とは、そのゲームのベット額の基準となる金額のことです。

例えば、一番初めにベットする金額が$1の場合は、1ユニットの基準が$1となります。

ベット額の基準を上げたい場合は、この1ユニットの金額を上げればいいだけです。

1ユニットの金額を$3にした場合は、基準を3倍に上げてスタートしたことになります。その場合、負けた時にベット額を倍々にしていくので、ベット額が跳ね上がるのも考慮して1ユニットの額を決めるのがおすすめです。

初心者の方は、あまり額を上げすぎないのがポイントです。

この1ユニットの概念は、マーチンゲール法だけではなく、多くの攻略法でも使われている表現となりますので覚えておくと良いでしょう。

負けた時はベット額を倍にする

マーチンゲール法のやり方はとても簡単で、勝負に負けた時に次のベット額を2倍にするだけです。

1ユニット$1でスタートした場合、次の勝負は2ユニット目になるので$2をベットしていきます。負けてしまった場合は3ユニット目に2ユニット目の倍の額$4をベットしていきます。

このように倍々でベットしていくだけのシンプルな攻略法となっています。

勝った場合はリセットして1ユニットのベット額からスタート

マーチンゲール法では勝負に勝った時、一度リセットを行い1ユニットのベット額から再スタートします。

ですので、連勝している場合は1ユニットのベット額をずっと続けている形となります。

この時、利益があまり出ていないからと言って1ユニットの額を上げてしまいがちですが、上げる時は負けた時の倍にしていくベット額を考慮して金額設定するのが良いでしょう。

マーチンゲール法の特徴

この攻略法の特徴はたとえ連敗していたとしても1回の勝利で、それまでの負け分を一気に取り戻せるところにあります。

その為、理論上は必ず勝てると言われている攻略法でもあります。

連敗していても必ず勝てる仕組みを実現している攻略法なんです。

しかし、そんなマーチンゲールでもデメリットとして、多くの資金が必要になるといった面があります。連敗が続くとベット額があっという間に膨れ上がってしまうので、ある程度の資金が無いと実践することができない攻略法とも言えます。

次の勝負に必要なベット額が用意できない時は、マーチンゲール法が成立しないので資金切れには注意が必要となってきます。

マーチンゲール法の引き際について

この攻略法はそれまで負けていたとしても1回の勝利で利益確定できるので、引き際がとても難しい攻略法とも言えます。

理論上は負けることなく1回の勝利で利益が出るので、特に連敗が続いている時は止め時が非常に難しいですよね

ここでは、そんなマーチンゲール法の引き際ポイントについて考えていきます。

引き際のポイント

マーチンゲール法の引き際ポイントとして考えられるのは、やはり次の勝負に必要な資金を用意できない時だと思います。

しかし、それでは既に多くの資金を投入した後になっている場合が多いのでベストな引き際とは言えません。

逆に次のベット額が用意できない状況になる前に見切りをつけるのが、損害を少なく抑える方法と考えます。

そこで連敗が4回続いたら止めるといったように、連敗の回数で引き際を決めてしまう方法がおすすめです。

自分で決めた回数で連敗したら、リセットして1ユニットから再スタートする方法がおすすめです。

この方法なら、どんなに連敗したとしても損失額が限定できるので大きな損失を出して一発退場になる可能性は低くなりますよ。

初めてマーチンゲール法を試してみるって方には特におすすめな方法と言えます。

まとめ

理論上は負けない攻略法として多くの方が利用しているマーチンゲール法ですが、使いどころと引き際を見極めないと思わぬ損失を被ったり、思うように利益が上げれない攻略法とも言えます。

使う時はしっかりと戦略を立ててから利用することをおすすめします。

上手く使いこなしてオンラインカジノを楽しんじゃいましょう!

コメント