オンラインカジノに違法性は無い!日本の法律問題について!

オンラインカジノ 合法

オンラインカジノで遊びたいけど、日本で遊んでも大丈夫なの?と気になるのが法律問題です。

日本の法律では賭博が禁止されている「賭博法」が存在しているので、これからオンラインカジノで遊ぼうと考えている方は特に気になる問題だと思います。

このページでは、オンラインカジノの違法性や日本の法律問題について詳しく解説していきます。

オンラインカジノを安心して楽しむ為にも、ここでしっかりとオンラインカジノの現状を把握しておきましょう。

オンラインカジノの違法性について

オンラインカジノで遊んでいる方や、これから遊び始めようと考えている方は特に気になる話題となるのが、「日本で遊んでいて問題ないのか?」と思います。

結論から言うと、現在の日本においてオンラインカジノは合法でも違法でもないグレーゾーンで扱われています。

これは、どういうことかと言うと今の日本にはオンラインカジノを裁く法律が存在しないので裁くことができない為です。

日本ではインターネットに関する法整備が遅れている為、新しいスタイルのギャンブルとして誕生したオンラインカジノへ適用することができる法律を作れていないのが現状のようです。

日本の賭博罪とオンラインカジノの関係

日本にはオンラインカジノに適用する法律が無くても、賭博に関する法律はあります。

このことからも、やはりオンラインカジノを日本で遊ぶのは違法なんじゃないの?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この項目では日本の賭博罪について詳しく解説していきます。

賭博に関する法律

日本の法律では賭博に関する法律として、大きく二つに分けることができます。

  • 【賭博罪】…………………お金を賭ける行為を禁止する。
  • 【賭博場開張図利罪】…お金を賭ける場所を提供する。

賭博で遊んだ人が捕まったなどといったニュースの場合は「賭博罪」が適用される。

闇カジノの経営者が捕まったなどといったニュースは「賭博場開帳図利罪」が適用される。

このような括りで賭博に関する法律が適用されています。

海外のカジノを日本で遊ぶのは賭博罪にあたる?

先の説明からすると、日本から海外のカジノを遊ぶことは「賭博罪」が該当すると考えることができますね。

しかし、海外旅行などに行って日本人がカジノで遊ぶのが罪に問われるでしょうか?

これが違法となるのなら、日本人はラスベガスやマカオなどといった本場のカジノを楽しめなくなりますね。

そう、実は賭博罪の適用条件には「賭博に関する罪は日本国内のみで適応される」となっているので、日本人が海外でカジノを楽しむことは、なんら問題なく違法とはならないのです。

この部分の解釈がオンラインカジノに関する法律で難しいところとなっています。

オンラインカジノを運営している企業は海外にあり、カジノ合法国が発行している運営ライセンスを取得して合法的に運営されています。

その企業が提供しているオンラインサービスを日本から利用する場合は、プレイヤーは日本国内にいる訳です。

この場合、「日本の法律を適用するのか?運営企業がある国の法律を適用するのか?」が決まっていないので、日本でオンラインカジノが合法でも違法でもないグレーゾーンとなっている大きな理由となっています。

また、賭博罪の適用は「胴元が日本国内にいる」ことも適用条件になっています。

海外で運営されているオンラインカジノは胴元に該当する企業が海外にあるので、賭博罪の適用はできないと考えることが妥当です。

ですが、「日本で遊んでいるから賭博罪だ!」と言う意見もあり、オンラインカジノと法律に関する議論は平行線のままとなっています。

このことを踏まえ、日本からオンラインカジノを遊ぶなら「合法でも違法でもないグレーゾーン」という認識を持ちながら遊ぶようにしておきましょう。

胴元が日本にいるオンラインカジノはアウト!

日本で安全に安心してオンラインカジノを楽しむうえで気を付けないとならないことは「オンラインカジノが海外で合法的に運営されている」ことが絶対条件になってきます。

先述のとおり、日本の賭博罪適用条件の一つに「胴元が日本国内にいる」ことが適用条件となっています。

安全に遊べるオンラインカジノを選ぶなら、この点を特に注意して選びたいところです。

選ぶ時にチェックしておきたいポイントは以下の4点です。

  1. 運営は海外で行われているか?
  2. カジノ合法国が発行している運営ライセンスを取得しているか?
  3. サーバーは海外にあるか?
  4. 日本で運営されていないか?

1. 運営は海外で行われているか?

海外で運営されていることは一番重要な要素となります。

しかし、海外ならどこでも良い訳ではなくギャンブルに関して合法な国で運営されていることが重要です。日本と同じように賭博が禁止されている国で運営されているのであれば違法となってしまいます。

安全に遊べるオンラインカジノを選ぶ際は、運営企業の所在地も気にしましょう。

2. カジノ合法国が発行している運営ライセンスを取得しているか?

運営ライセンス(運営許可証)を取得するには、発行国による厳しい審査を受け、審査に合格することで取得することができます。

合法的に運営されているオンラインカジノはカジノ合法国が発行している運営ライセンス(運営許可証)を取得して運営されていると言っても良いでしょう。

逆にライセンスを取得せずに運営しているオンラインカジノは非合法で運営されている可能性が非常に高いので遊ぶのを止めた方がいいです。

運営ライセンスの審査基準は発行国ごとにより違いがあるので、ライセンスを取得しているから大丈夫とまでは言い切れませんが、合法的に運営されている条件としてライセンス取得は法律上で問題のない最低ラインとして見ておきましょう。

3.サーバーは海外にあるか?

サーバーとはサイトを運営する為に必要な機器で、サイトを設置する場所です。

サーバーが日本国内にある場合は、日本でオンラインカジノを運営すると同じことになり、お金を賭ける場所を提供する「賭博場開張図利罪」に該当してしまいます。

このようなオンラインカジノでは絶対に遊ばないようにしましょう。

4.日本で運営されていないか?

基本的に日本で運営されているオンラインカジノは違法です。

オンラインカジノを遊んだとして検挙されたとニュースになるのが、このような闇カジノです。

闇カジノは日本国内の店舗で客にオンラインカジノを遊ばせ、換金を店舗内で行うため「賭博法」と「 賭博場開張図利罪」に該当するので明確な違法行為となります。

それに、運営ライセンスはおろか国内の営業許可証もとっていない状態で運営されているので、絶対に遊んではいけません。

オンラインカジノと日本の賭博罪などの法律について

ここまではオンラインカジノの違法性について解説してきましたが、これは現時点での法律を踏まえたうえでの解説になります。

カジノ法案が可決されたように、法律は日本政府の動きによりどんどん変わっていきます。

オンラインカジノに関する法律についても、今後どのような変化が起こるか分かりません。

これから遊ぼうと考えている方や、現役で遊んでいる方は日本でオンラインカジノが置かれている現状を認識しつつ今後についても意識しながら楽しんでいくのが良いでしょう。

日本人オンラインカジノプレイヤーが摘発され、不起訴となった事例について

日本でオンラインカジノを遊んだとしてプレイヤーが初めて摘発されるという事例が2016年の3月に置起きました。

これが有名なスマートライブカジノ事件です。

日本国内のオンラインカジノ個人利用客が初めて摘発された事件として当時、多くのプレイヤー達から注目を集めた事件でした。

この事例の顛末としては「日本の法律では海外で合法的に運営されているオンラインカジノを摘発できない」として、遊んでいたプレイヤーも最終的には不起訴処分となっています。

この結果により、「海外で合法的に運営されているオンラインカジノを日本から遊んでも罰することができない」という実例になりました。

カジノ法案がついに成立!オンラインカジノの今後はどうなる?

2016年12月にカジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)が可決されました。

これにより日本でもついにカジノ解禁になるか?と話題となり、現在はカジノ解禁に向けて政府や各自治体が準備を着々と進めている状態です。

この法案の可決によりオンラインカジノ業界がどのような展開となるのか予測はできませんが、日本政府により何らかの法整備が進む可能性が高いです。

現在は当初のスケジュールから遅延しているものの、政府のIR政策を進める基本方針にブレはないようなので進捗が加速してくる可能性は多いにあります。

オンラインカジノはまだまだ不確定な要素が多いので、法整備などによりルールが大幅に変更になる可能性もあるので、今後のニュースなどには気を配り当サイトでも情報を発信していきたいと考えています。

まとめ

ここまでオンラインカジノの違法性や日本の法律問題について解説してきました。

如何でしたでしょうか?

現在の日本ではオンラインカジノについて合法とも違法とも言えないグレーゾーンの状態となっています。

これは、オンラインカジノに適用することのできる法律が存在していないことが大きな理由となっています。

オンラインカジノを楽しむ時は、このような現状を踏まえたうえで遊ぶのがよいでしょう。

また、安心して遊ぶ為には運営者とサーバーの設置場所をは注意しましょう。

日本国内に運営者やサーバーがある場合は、遊ぶだけで罰せられますので、オンラインカジノで遊ぶ時は運営企業の所在地やサーバーの設置場所を確認してみるのが良いでしょう。

コメント