オンラインカジノの年齢制限について、日本では何歳から遊べるの?

オンラインカジノ 登録

オンラインカジノでは年齢制限が設けられており、制限がかからない年齢にならないと登録して遊ぶことができません。

日本の法律では競馬・競輪・ボートレースなどの公営ギャンブルの場合、20歳未満、パチンコの場合は18歳未満のプレイは禁止となっています。

しかし、この法律は日本の法律なので、海外の企業が運営しているオンラインカジノに登録して遊ぶ場合は年齢制限について知っておく必要があります。

この記事では、オンラインカジノに設けられている年齢制限について、日本の法律も交えて解説していきます。

オンラインカジノで設けられている年齢制限を詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

オンラインカジノで設けられている年齢制限とは

日本で楽しむことのできるギャンブルには様々なものがあります。

しかし、それらには年齢制限が設けられており、その年齢に達するまでは遊ぶことができないようになっています。

その大きな理由としては、ギャンブルには依存性があり、のめり込んでしまうと借金や破産の危険性が高く、そういった感情を上手くコントロールできない若い世代には不向きな側面があることが挙げられます。

オンラインカジノの年齢制限

日本ではギャンブルの他にも様々なことで年齢制限として18歳未満は禁止とされています。そのため日本で楽しむことのできるオンラインカジノでも18歳を基準として年齢制限が設けられているところが多くなっています。

ですので18歳未満の方は、オンラインカジノへ登録して遊ぶことはできません。

また、オンラインカジノによっては年齢制限を20歳未満に定めているところもあるので、現在は18歳未満、20歳未満のプレイを禁止しているオンラインカジノがあることを認識しておきましょう。

まだ成人していない方が実際に登録する際は、オンラインカジノの利用規約を読んで、年齢制限をしっかりと確認してから登録するのが良いでしょう。

また、日本では成人年齢が18歳まで引き下げられる可能性が出てきていることもありますが、たとえ成人年齢が18歳になったとしても公営ギャンブルについては20歳未満の利用を禁止する方針で検討が進められているようです。

この場合、20歳未満の利用を禁じているオンラインカジノでも同様の方針で進められると考えることがができるので、今後も年齢制限についてきちんと確認してから登録する必要があります。

年齢制限を守らなかった場合

日本では制限された年齢に達する前にギャンブルを利用した場合、法律違反となり逮捕や補導されてしまう可能性があります。

万一、そのような事態に陥ってしまうと逮捕歴などがついてしまい、その後の人生に支障をきたす可能性もあるので、年齢制限はしっかりと守り合法的に遊ぶのが良いでしょう。

また、オンラインカジノの場合は、制限された年齢未満だと、年齢を偽って登録できたとしても遊び続けることができないようになっています。

その理由は、オンラインカジノでは本人確認(アカウント認証)が徹底されており、身分証明書を提出する必要があるので、たとえ年齢を偽り登録できたとしても、あとで必ずバレてしまいます。

また、本人確認を受けていない状態だと、お金の入金・出金ができないようになっているので、リアルマネーを賭けたプレイができないようになっています。

このように制限されている年齢未満の若者が、年齢を偽りオンラインカジノを利用することができなくなっています。

厳しい年齢制限が設けられている理由

このような厳しい年齢制限は、制限年齢に達していない若者にとってみると非常に厄介に感じるかも知れませんが、先述のようにギャンブルの依存性や金銭的な危険性を考えてみると、若年層がギャンブルに溺れるのを防ぐために必要なことと考えることができます。

オンラインカジノは実際にお金を賭けて遊ぶゲームなので、勝てば利益が生まれ、負ければ損失が生じます。

制限年齢未満の若年層の方は勝った時の成功体験から、ギャンブルにのめり込んでしまう可能性が高く、負けたときの損失を補うためにお金をつぎ込み、気づけば大きな借金を背負ってしまう可能性もあります。

このような事態を未然に防ぐ意味でもギャンブルに対する年齢制限は必要であり、厄介というよりはむしろ若者を保護するためにも必要な制度であると考えることができます。

オンラインカジノを始めるために必要なお金

オンラインカジノを遊ぶうえで年齢制限の次に気になることは、初期費用ではないでしょうか。

カジノは日本人にとって、あまり馴染みのない遊びで、海外セレブがたしなむ優雅な遊びというイメージがあるかも知れませんが、オンラインカジノでは大きな資金が必要になるというわけではありません。

賭け方にもよりますが、大体30,000円~50,000円くらいあればオンラインカジノを十分に楽しむことができます。

競馬・競輪・ボートレースなどの公営ギャンブルやパチンコなどの一般的なギャンブルと同じくらいの金額で十分楽しむことができます。

また、ほとんどのオンラインカジノではボーナス特典が豊富に用意されており、受け取ったボーナスを上手に活用することで準備した資金以上の額でお得にカジノゲームを楽しむことができるので、賭け方次第では準備した資金をあまり減らすことなく長期にわたり楽しむこともできます。

遊び始めたばかりの初心者の方は、ボーナス特典を上手に活用してオンラインカジノを楽しんでいきましょう!

ギャンブルは遊び方に注意が必要

ギャンブルは勝ち負けがあります。

当たり前のことですが、この原理原則を忘れて始めから大金を賭けてプレイする方がいますが、そのような賭け方は絶対に止めておきましょう。

カジノゲームでは一度に賭けることのできる金額を自分で決めることができますが、この時、一攫千金を狙って大金を賭ければ、勝ったときの利益は膨れ上がります。

しかし、逆に負けた時の損失はとても大きなものとなってしまうので気を付けたいところです。

例えば、カジノでは定番ゲームのブラックジャックでは、1回の賭けで少額では数十円~高額では数百万円までベット(賭け)することができるので、大金を賭けて勝つことができれば嬉しいですが、負けた場合はかなり大きな損失となってしまいます。

ギャンブルにはビギナーズラックという言葉もありますが、実際のところギャンブル初心者がいきなり大きな勝利をあげられる可能性は低いと言え、生活に必要なお金を削ってまで一攫千金のチャンスを狙うのは得策ではありません。

しっかりと自制心を持ち遊ぶことが重要です。

資金の入金にはクレジットカードが便利!

オンラインカジノを本格的に楽しんでいく為には、開設したアカウントへ資金を入金する必要があります。

入金方法は様々な手段を使って入金することができるですが、一番手軽に入金できる方法がクレジットカードになります。

また、クレジットカードを使って入金した場合は、出金方法に日本国内にある自分の銀行口座へ直接お金を送金することができる銀行送金を利用することができるので、多くのプレイヤーから人気の出金方法となっています。

クレジットカードを利用して入金する際の注意点としては、利用可能枠を超えた場合、入金をすることができないので利用枠はしっかりと把握しておきましょう。

また、クレジットカードが用意できない場合は、デビットカードという手もあります。

デビットカードでは分割払いに利用することができませんが、クレジットカード同様に入金に利用することもできます。

ただし、デビットカードは全てのオンラインカジノで使えるわけではないので、資金の入金にデビットカードを利用する際は事前に利用できるか確認しておくのが良いでしょう。

身分証明書の提出が必要

先述のようにオンラインカジノ利用には年齢制限が設けられており、年齢を偽って登録できたとしても後の本人確認(アカウント認証)により確実にバレてしまいます。

本人確認では運転免許証やマイナンバーカードといった身分証明書の提出が必要となり、生年月日が記載されていることから、オンラインカジノ側で年齢確認することができます。

身分証明書として認められる証明書類としては、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが一般的となっていますが、この辺は各オンラインカジノにより多少の違いがあるので、本人確認を進める際は確認しておきましょう。

身分証明書は顔写真があるものが有効となっており、顔写真が記載されていない保険証などは身分証明書として利用することができないところもあるので気を付けましょう。

また、パスポートは住所確認には適していないため、住所確認書類として電気/ガス/水道などの公共料金の支払明細が必要となる場合もあります。

日本語非対応のオンラインカジノは本人確認が難しい

オンラインカジノは海外で運営されているオンラインサービスです、

そのため、公式サイトやサポートが日本語に対応していないオンラインカジノもあります。そのようなところでは本人確認の際に日本語で表記されている身分証明書では審査が通らない可能性もあり、審査を通過するためには申請の際に補足を書き加えるなどの一工夫が必要があります。

ですので、登録して遊ぶなら日本語に対応しているオンラインカジノを利用するのがおすすめです。

万一のトラブルの際も日本語で受け付けてくれるのと、くれないのでは雲泥の差があるので日本でオンラインカジノを楽しむなら、日本語対応のオンラインカジノを選びましょう。

本人確認は複数行われる場合もある

本人確認は1度済ませてしまうと、基本的には再び求められることはありませんが、プレイや資金の入出金に不正の疑いを持たれてしまった場合は、本人確認を求められる場合もあります。

このような時は改めて身分証明書の提出が求められるので、迅速に対応できるように本人確認で使用した身分証明書はきちんと保管しておきましょう。

登録する情報は正確に入力する

オンラインカジノへアカウントを作る際に入力する情報は、きちんと正確に入力することが大切です。

誤入力などで誤った情報のまま登録が完了してしまった場合、後の本人確認で提出した書類の情報と一致しないので、本人確認が完了しないだけではなく、お金の入金・出金もできない状態になってしまいます。

また、最悪の場合、アカウント凍結の処置がとられてします可能性もあるので、オンラインカジノへ登録する情報は正確に入力を行い、最後に一通り確認してから登録ボタンをクリックするようにしましょう。

まとめ

オンラインカジノでは利用できる年齢に制限を設けており、制限されている年齢の方は利用することができません。

年齢制限は18歳未満禁止のところと20歳未満禁止のところとオンラインカジノによって違いがあるので、登録する際は確認してから登録するようにしましょう。

仮に年齢を偽って登録できたとしても、後の本人確認(アカウント認証)の際に必ずバレてしまうので、絶対に止めておきましょう。

また、日本の法律でも競馬・競輪・ボートレースなどの公営ギャンブルは20歳未満禁止、パチンコは18歳未満禁止となっているので、覚えておきましょう。

オンラインカジノはインターネットを利用してカジノゲームを楽しむことができるオンラインサービスですが、リアルマネーを賭けて遊ぶことができるのでギャンブルとなります。

日本で安全に遊ぶためにも、決められたルールはしっかりと守り楽しんでいきましょう!

≪ビットコインで遊べるカジノ≫ ビットカジノ公式

コメント